製品情報
特長
周波数と電圧の調整
レジスタの設定
仕様
資料
セットアップマニュアル
取扱説明書
ライブラリマニュアル
関連製品
CMOSカメラモジュール検査


ページトップへ移動



カメラモジュール用 画像入力ボード

型番:MV-46
カメラモジュール用 画像入力ボード MV-46

※カメラモジュールは付属しません。

カメラモジュール用 画像入力ボード MV-46

ソニー、Aptina、OmniVision、パナソニック、東芝、サムスンなどのCMOSセンサーに対応しています。

MV-46 カラーモノクロ

定価(税抜) ¥80,000

※本製品は生産終了をいたしました。これまでのご愛顧に感謝いたします。

※2017/12/26現在の在庫数15台です。

 

カメラモジュールからの画像をUSB2.0で出力します。ソフトウェア上で周波数(8〜48MHz)と電圧の調整できます。
カメラの開発のための実験やカメラモジュールの出荷検査に最適です。

 

製品の特長

  • USB2.0インターフェース経由で、簡単にカメラモジュールの画像を取り込みます。
  • 小型化を実現。(60mm x 60mm)
  • 周波数の調整が可能 8MHz〜48MHz (26段階)
  • 電圧の調整が可能
  • ソニー、Aptina、OmniVision、パナソニック、東芝、サムスンなどのCMOSセンサーに対応

周波数と電圧の調整

ソフトウェア上で周波数の設定、VDD_H、VDD_Lの調整などを自動で行うことができます。

 

MV-46

レジスタの設定

カメラモジュールのレジスタにデータを設定するダイアログを用意しています。

 

MV-46

製品の仕様

出力 USB2.0  アイソクロナス転送
カメラデータ形式 8bit / 16bit
カメラ制御信号 I2C, RS232C
カメラ周波数制御 8MHz〜48MHz(26段階)
カメラ制御電源 VDD_H 2.3V 〜 3.0V
VDD_L 1.4V 〜 2.0V
±75mV(25mV刻み)調整可能
画像サイズ

最大300万画素(当社確認)

※データ転送量24Mbps以下であれば、300万画素以上にも対応可能

外形寸法 60mm x 60mm
動作温度 0℃〜40℃ (結露なきこと)
適応OS Windows XP(SP2以降) ※1
付属品 ドライバCD-ROM
ソフトウェア取扱説明書(ドライバCD-ROM内)
  • ※1 Windowsは米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標です。
  • ※記載内容は改良のため予告なしに変更する場合があります。
  • ※本製品は全てのPCでの動作を保障するものではありません。デモ機でのご確認の上、お使いください。
  • ※本製品のサポートは日本国内に限ります。
ページトップへ移動