ライブラリ
特徴抽出・ブロッブ解析
フィルタと変換
パターンマッチング
色認識
キャリパー
キャリブレーション
セグメンテーション
コードリーダー
フォーカス
モルフォロジー
ITS&セキュリティ
Imaging Manager Light
ダウンロード
ユーザーズガイド(PDF)
ヘルプ(htm)
評価用フリーソフト
カタログ
カタログ一覧

ページトップへ移動

フォーカス

Imaging Managerの「フォーカス」は、フォーカスの評価を行います。レンズの評価やオートフォーカスの製作が可能です。

評価方法は「MTF」、「微分(DFS)」の2種類をご用意しています。

評価用フリーソフト(ガゾウ製 USBカメラ対応)

フォーカス
フォーカス調整

 

評価手法
DFS, MTF(チャート付)

対応OS
Windows XP, Vista, 7

 

フォーカス 主要機能一覧

微分(DFS)

 

顕微鏡画像↓

 

隣接画素の差分の総和を求めることでフォーカスを評価します。この評価値を用いることで顕微鏡のフォーカス調節やカメラレンズのオートフォーカスを行うことができます。

 

フォーカス

↑クリックで拡大

 

評価値は0〜1.0の数値で表され、フォーカスがあっていれば、評価値は1.0になります。

MTF

 

レンズ評価用テストチャート画像↓

 

白基準範囲(WB)と黒基準範囲(BB)より、それぞれのY(輝度)平均値を取得し、その差を基準コントラストとします。テストチャートの縞々領域に被評価エリアを設定します。評価エリア内 Y平均値を基準として評価エリアを白・黒に分別し、それぞれの平均値を取得し、その差をコントラスト評価値とします。

 

MTFでの評価値は、レンズ性能の評価指標として用いることができます。

 

 

 

 

フォーカス

↑クリックで拡大

 

評価値は0〜1.0の数値で表され、フォーカスがあっていれば、評価値は1.0になります。

-ユーザーズガイド&ヘルプページのご案内-

画像マネージャー画像マネージャー

  • ※記載内容は改良のため予告なしに変更する場合があります。
お問い合わせ
ページトップへ移動