最大解像度500万画素(2592 x 1944)

高解像度、高精彩な画像出力を実現

Linux Mint 17.2 guvcview2.0で画像入力確認済み

RoHS対応

ナイロンコネクタによる省スペース化とUSBケーブルの耐脱落性の向上

DirectShowおよびMedia Foundation対応

OpenCV対応

サンプル画像

デモ        デモ

 

デモ
WD=45mm WD=250mm

オプション

 

Raspberry piLinux UbuntuLinux Mint

 

Linuxおよび組込みOSにおける動作サポートには、高度な技術サポートが必要なため、ご相談の上で有償で対応いたします。(目安として3〜10万円)

 

USBピン配置

コネクタ

ナイロンコネクタタイプのUSBケーブルを自作される場合には、下記のピン配置をご参考にしてください。(参考:CB4350-2指示書)

 

  • molex製 1.25mmピッチ 電線対基板用ハウジング

型番:51021-0500 極数:5

ピン番号 信号名
1 V BUS
2 - Data (D -)
3 + Data (D +)
4 ID (NC)
5 GND

拡張用ピン

LED電源用

LEDなどを自作される場合には、下記のピン配置をご参考にしてください。

LED電源用

PinNo. 信号名 I/O 備考
1 LED   LED点灯用信号 3.3V
2 - - -
3 EXT_5V Output 5V LED 電源
4 GND    

外形イメージ

外形

GaZooキャプチャー
取扱説明書
CB4350-2指示書

 

お試しフリーアプリ

センサー 1/4inch ベイヤーカラー CMOS
解像度 2592(H) x 1944(V)
ピクセルサイズ 1.4μm x 1.4μm
画像サイズおよび
フレームレート
2592 x 1944  MJPEG 10fps  YUV 2fps
2048 x 1536  MJPEG 10fps  YUV 4fps
1920 x 1080  MJPEG 10fps  YUV 4fps
1600 x 1200  MJPEG 10fps  YUV 4fps
1280 x 720  MJPEG 30fps  YUV 10fps
1024 x 768  MJPEG 30fps  YUV 14fps
640 x 480  MJPEG 30fps  YUV 25fps
シャッタータイプ ローリング
走査方式 プログレッシブ
最低被写体照度 0.3Lux
S/N 47dB
電子シャッター オート
ゲイン オート
ホワイトバランス マニュアル 2800K〜6500K, オート
レンズ M6×P0.35 マウントレンズ(画角:D 67.4°H 56.3°V 43.7°)
画像出力フォーマット MJPEG, YUV
出力 USB2.0 アイソクロナス転送
カメラ基板サイズ 32mm x 32mm
電源 USBバスパワーにより供給
消費電流(電力) 100mA (500mW)
動作温度/湿度 -10℃〜+60℃ / 20〜80% (但し結露無き事)
保存温度/湿度 -20℃〜+70℃ / 20〜80% (但し結露無き事)
質量 約5g
適応OS Windows 7, Windows 8, Windows 10, Linux Mint 17.2 guvcview2.0で動作確認済み

レンズ

Q&A

カメラの固定はどのように行えますか?

カメラの四隅に取り付け用のネジ穴(φ2mm)を用意しております。

詳しい寸法は外形イメージの項目を参照してください。

なお、カメラ基板の背面にはUSBコネクタ等の部品が実装されております。カメラを固定される際には、カメラ基板後方に最低10mmの間隔を開けてお取り付けください。

 

とあるお客様の取り付け例 : 3Dプリンターを用いて下の写真のような取付台を製作されました。

取付台

2台同時入力は可能ですか?(複数台同時入力は可能ですか?)

使用するPCによって可能です。例えば、USB2.0ホストコントローラーが2つ搭載されているPCでは、2台同時に入力することができます。

※理論的には、搭載されているUSB2.0ホストコントローラーの数と同じ台数のカメラで同時入力を行うことができます。

※記載内容は改良のため予告なしに変更する場合があります。

※CMOSセンサーの特性上、数画素の欠陥は避けられません。デモ機でのご確認の上、お使いください。

※本製品は全てのPCでの動作を保障するものではありません。デモ機でのご確認の上、お使いください。

※本製品のサポートは日本国内に限ります。