特長
サイズ
マニュアル
仕様
開発例
  • 眼球運動解析システム

    デバイスに搭載された近赤外線カメラで眼球を撮像し、眼球運動をX方向、Y方向、θ方向(回旋)の3つの成分で解析します。
    同時にまばたきや瞳孔径も計測しております。
    解析結果はリアルタイムで画面に表示され、動画やCSVファイルへ出力することもできます。

     

    定価(税抜) ¥150,000

     

    • 個人向け

    • 法人向け

眼球運動をX方向、Y方向、θ方向(回旋)の3つの成分で解析

まばたきや瞳孔径も計測可能

人が眩しく感じることのない近赤外LEDを採用

リアルタイム表示

動画やCSVファイルへ結果出力

眼球運動解析システムメガネ

※3DプリンターによるABS 樹脂 成形品ですので、多少の誤差がございます。

眼球運動解析をベースとしたコア技術

コア技術

 

※現在のバージョンは左目のみのものになります。

眼球カメラ(内向き)

1/4inch CMOS, 可視光カットフィルター(VC-10), 近赤外線LED搭載

フォーカス

固定

出力 USB2.0 アイソクロナス転送
電源 USBバスパワーにより供給
消費電流 250mA
動作温度 / 湿度 0℃〜50℃ / 20〜80%(ただし結露なきこと)
質量 約60g
適応OS

Windows 7, Windows 10 (64bit推奨)

付属品

眼球運動解析用アプリケーション
ウェアラブルデバイス
USBケーブル

応用開発例

眼球運動解析システムの応用

眼球運動によって、IoT対応機器をコントロールするシステムはどうだろう?

手足が不自由であったり、寝たきりであったりする人の助けにならないだろうか?

眼球運動解析システム  

眼球運動解析システムのウェアラブルデバイス

眼球運動解析システム

着用イメージ もっと自然なメガネが望ましいが・・・

 

 

ウェアラブルデバイスを用いて、コントロール。

人の視線や眼球運動をリアルタイムで解析し、テレビやエアコン、アラームなどを操作します。

 

 

 

 

視線を用いて、車椅子をコントロール。

にて開発中。人の視線をリアルタイムで解析し、車椅子を操作します。

 

※記載内容は改良のため予告なしに変更する場合があります。

※CMOSセンサーの特性上、数画素の欠陥は避けられません。デモ機でのご確認の上、お使いください。

※本製品は全てのPCでの動作を保障するものではありません。デモ機でのご確認の上、お使いください。

※本製品のサポートは日本国内に限ります。